2016年05月24日

伝えること

今は『伝えること』に専念している榎田信衛門です。

ここ数日、首都圏からお越しになった方々とお話しますとね、皆さん「熊本(地震)の情報が全然入ってこなくて‥」と異口同音に仰います。

確かに全国ネットのニュースを観ても、都知事・沖縄・アイドル刺傷って感じで、熊本のニュースは小さな扱いになっています。

余震も減少傾向にあります。けれども現在進行形で被災者を取り巻く困難な状態は続いているのです。センセーショナルでないネタは、キー局の論理としてヴァリューが無いのでしょう。

私は発災以来、ウェブラジオFMCを通して、被災者の困難な実情を連日お伝えしています。
FMCの番組を通して日々変化する環境や状況を今後もお伝えし続けてていくことは勿論ですが、御呼び頂けるならば、日本全国何処へでも伺い「榎田信衛門が体験した震災」というテーマで《講演》《トークライブ》を行いたいと考えています。

FMCスタジオも被災し、壁は落ち、床も抜けています。
そして私自身も被災者です。3週間車中泊を経験しました。
得難い体験をしたわけですが、この経験を今後の防災に活かしていくことが私の余生最大のテーマです。

・熊本で起きた地震のあらまし
・正常化の偏見(正常化バイアス)と熊本
・メディアはどう伝えたか?
・静かに広がっていくデマとプロパガンダ
・活かせなかった教訓
・熊本から学ぶ新たな教訓

などなど。
内容に関しては、主催して頂く皆様と調整しつつ固めます。

基本的にノーギャラで結構です(主催者様には「旅費(交通宿泊費)」のみご負担願います。※最も安い旅行手段で結構です。)

入場料を集めるタイプの場合、経費を除いた収益金は「FMCスタジオ復興募金」にご協力頂ければ幸いです。(強制ではありません)

詳しくは、080-4284-5991(FMC※基本的に留守電対応。折り返しご連絡致します。)まで。
posted by WebRadioFMC at 18:28| 榎田雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする