2016年01月29日

感謝!

もうすぐ2月。
あと3週間ほどで『QIC:1000』を迎えます。

実は、今年『冬季うつ(※SAD)』が酷くてねぇ。
作業スピードが上がらない。一日中眠いのです。
※正しくは「季節性情動障害」と申します。

まるで、どこかの誰かが「ふふふ、1000回には到達させないぞ!」と悪意満点のロープを私の頭に引っ掛けてるイメージ。後ろ向きのテンションをかけられちゃっているような感じなんだなぁ。(典型的な冬季うつの傾向でございw)

いやいや、どんなに引っ張られても2月20日が来れば1000回に到達しちゃうんだ。
それ以前に、引っ張るエネルギーなんてものが空間を飛び越えて作用するわけ無いし、土台存在すらしていない。(仮に存在していたとしても、こちらが認知していない以上、それは徒労でしかないw)

むしろ応援して下さるリスナーさんの声が日増しに強くなっているのが紛れもない事実でありますし、FMCの仲間たちも日を追うごとに【神戸行き】のワクワクを高めている次第です。

ま、マリッジブルーみたいなもんですわな。50過ぎのおっさんのねw かっこ悪ぅ。



1996年5月26日に放送を開始した『QIC』であります‥。
伝説の《無音、悪夢の1回分》と《閏番組》を足しちゃえば、とっくに1000回到達済なんですが、そこはそこ、いろいろあって2月20日です。

ほんと長い事やってきました。
番組の質や雰囲気も時代と共に変化していきました。

恐らく最も切れ味が鋭かったのは1998年前後じゃないかな。
ある人が「鉄球を平気で投げつける剛速ビーンボール」と評して下さった。

かれこれ20年です。
さすがに球筋は衰えましたよ。剛速ビーンボールは投げませんw
けれどコントロールはかえって良くなったと思っています。

何度もアップダウンを経験して、何度も軌道修正して、そして今に至っているわけですが、それでも温かく見守って下さる全国の、否、地球上のあちこちに点在するリスナーの皆々様によって、QICというちっぽけな番組は、ここまで生き続けることが出来ました。

ラジオネームの字面だけが浮かぶ人、名前と共にお顔が浮かぶ人、そして顔も名前も知らないどこかのリスナーさん、全てに感謝です。

そして、
QICに関わった全ての人たちにも感謝しています。
今は何処でどうしているかも分からない人たちが沢山います。

袂を分かった人たち。
様々な事情で遠く離れたけれど気持ちは通じている人たち。
いろいろ。

彼らと共に過ごしたあの瞬間、あの時代。
其々が間違いなく輝いていました。
その人たちが居なければ、今のQICは存在しません。
感謝です。
私が云うと気持ち悪いかもしれませんが、掛け値なし「本心」でそう思っています。感謝!


ほぼ蛇足ですが‥。
しつこく宣伝している『構造不況と表現の自由2016』は、QICとは質的に異なるけれど、FMC固有の《世の中を斜から見て笑い飛ばす》という共通因子の1つの具現化として、FMC現役スタッフの総力を挙げて制作する作品集です。
リリースを2月20日としたのも『QIC:1000』と照準を一にしようという気持ちの現れです。値段をうんと下げたのも、我々からリスナーの皆様へのプレゼントのつもりです。(製造原価分は下さいw)
※通販限定ですので当日会場での販売はありません。(手渡しを希望された方にのみ、現物をお持ちします。)



さてさて、とりあえず強い光にでも当たって「冬季うつ」をやっつけますわ。
2月20日まで、休んでいる暇なんて無いからねw


posted by WebRadioFMC at 00:00| 榎田雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする