2015年07月13日

鈍感力と笑顔のサンプリング

番組宛であったり私個人宛であったり、その窓口は色々だけど、時々お悩み相談を受取ることがあります。

その多くは人間関係にまつわるお悩み。
まぁざっくり返信するならば「気にするな。気にしなければ大丈夫!」という内容のものが殆どですね‥。

だけど、その「気にしない」ってのが難しいんだなこれが。

だって鈍感じゃないから悩むんだもんね。

ちなみに『鈍感力』ってのは渡辺淳一氏の著作らしいけど、その鈍感力っていう武器をお持ちになっておられる方は幸せなんだろうね。

けれど、そもそもそういう武器を持っていない私なんかは非常に困るんだ。
他人に嘘をつかれていたことが分かれば落ち込むし、悪口のオンパレードを叩かれていることが分かれば当然怒りだって覚える。要するに人間関係の悩みを鈍感力で切り抜けることなんざ、私にゃ到底できないわけですよ。

でもね。最近変わったんですわ。ここ1〜2年かな。相変わらず鈍感力は持っていませんけど。なんとなく悩まない人になってきた。なんでだろーね。でもやっとその糸口が見えてきたようなのでちょいと書きますね。


そもそも鈍感力って「先天的」なものなんじゃないのかな?
それこそDNAに刻み込まれた基本設計みたいなもので、死ななきゃ変わらない。

ところがですわ、いろんなパッチを当てる事で、ひょっとしたら人は微妙に変われるんじゃないか?‥そんなことを思うようになったんだなぁ。

あっち向いたりこっち向いたり、右往左往しつついろんな「生き方のパッチ」を当てては歩き出す試行錯誤。それが人生なんじゃないかってね。


先日久しぶりの再会がありました。
ちょいちょいトラブルに巻き込まれたりしていたお悩みパーソンだったこの人物。ありゃりゃガラリと変わっていて嬉しい驚きでした。

兎に角《キラッキラ!》している。
なんて云ったらいいのかな、オーラが違うんだよ。

訊けば、会社の後輩を育成することに情熱を注いでいる真っ最中で、いろいろ大変なことはあるけれど、とっても充実しているんだって‥。

細かいところは分からないけれど、会社の中での立場や、現在置かれている状況などいろんな事柄がこの人をバージョンアップさせるパッチになって見事に作用しているんだろーな‥。そう思った。

以前は、ちょいと口角下がり気味。
陰か陽か?って二分するなら陰の側に組するような表情だったこの人が、口角が上がって愉しそう。声にも張りがある。
ズバリ云えば《素敵な人物》に変わっていたわけ。

思わずジーっと見ちゃった。表情をね。
そこで気付いた。笑顔を見るとこちらも気分が上がってくる。
思い出すだけで欝になりそうないろんなエピソードなんかもうどうでもよくなってくる。

あ!鈍感力は持ってないけど、笑顔って奴で欝を麻痺させることが出来るんじゃないか?

さっき電車の中でやってみましたよ。ちょっとした実験。
笑顔を見つけるミニ作業w

母親と手をつないで嬉しそうな子どもの笑顔。
友達と会話している人々の笑顔。
結構見つかるもんですな。

もちろん仏頂面も山ほどいますよ。
でもその中から笑顔を見つける作業の愉しいこと。

ついでに気分が乗ってきた。
吊り広告を眺めつつ、そこにある芸能人の笑顔。恐らくカメラマンもノリノリの笑顔で撮影していたはず。そこにあるかもしれない下っ端の汗と涙はこの際棚に上げといて、笑顔だけで愉しい現場をイメージする。

するとどうだろう。自然に口角が上がっている自分に気がついたんです。

仕事や人間関係の面倒をわざと思い出してみましたが、不思議なほどに欝も怒りも感じない。
むしろ目の前で笑っている子どもの無邪気な表情に目が止まって、つまらないお悩みなんかすぐに消え去ってしまった。

つまり『笑顔のサンプリング』ってことね。
とりあえず鈍感力がなくてもなんとかなる。そう思った次第。


人は変われます。

posted by WebRadioFMC at 19:01| 榎田雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする